クレンジングで詰まった毛穴もきれいになるのは本当?

クレンジングで詰まった毛穴もきれいになるのは本当?

 

年齢を重ねるにつれて、ボツボツとした毛穴の開きが気になり始めているという女性は多いのではないでしょうか?
毛穴の開きは、間違ったスキンケアや肌の乾燥で目立ってきてしまうことが多く、クレンジングが原因となっている可能性もあります。
なるべく肌に負担の掛からないクレンジング剤を選び、メイク汚れや皮脂汚れをきちんと洗い落としながらも、肌を乾燥から防げると良いですね。

 

とは言え、肌への負担を気にするあまり、洗浄力が弱すぎるクレンジング剤を使用するのもあまり良いとは言えません。
クリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤は、洗浄力が弱めで保湿効果を兼ね備えているものが多く、肌への負担は最小限に抑えられます。

 

しかし、洗浄力の弱さで毛穴に汚れが残ってしまい、逆に毛穴のボツボツを目立たせてしまうことがあります。
普段からがっつりメイクをすることが多い人や、皮脂の分泌量が多めのオイリー肌の人は、毛穴に入り込んだ汚れまできちんと落とせるぐらいの洗浄力を持ったクレンジング剤を選びたいですね。

 

自分の肌質に合ったクレンジングを行うのはもちろんのこと、メイクの濃さに合わせたクレンジングをするよう意識することも大切です。

 

 

肌に悪いクレンジング

 

毛穴がキュッと引き締まった美肌を目指すなら、洗浄力が強すぎるクレンジング剤の使用はなるべく避けたほうが良いかもしれません。
毛穴に汚れが蓄積されると、ブツブツと毛穴が開いて見えてしまうため、汚れをきちんと落とせる洗浄力が強いクレンジング剤を選んでいる人もいるかもしれません。

 

しかし、洗浄力が強いクレンジング剤には「界面活性剤」がたくさん含まれている可能性が高いです。

界面活性剤とは、クレンジング剤のほとんどに用いられている洗浄成分のようなものですが、大量の界面活性剤が配合されている化粧品は肌に強い刺激を与えてしまいます。

 

肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、乾燥肌を引き起こす原因となってしまうこともあるため、洗浄力の強さにばかりこだわりすぎないよう気を付けましょう。

 

界面活性剤の配合量が多いクレンジング剤は、オイルタイプ、リキッドタイプ、シートタイプなどです。
濃いメイクでもスルリと落とせるので便利に感じますが、頻繁に使用していると肌に負担を掛けて毛穴開きの原因となってしまうことも覚えておき、メイクに合わせて使い分けられると良いですね。
マスカラやアイラインなどの濃いメイクにはアイメイク専用のシートを使用するなど、部分的に洗浄力が高いクレンジング剤を使用すると良いかもしれません。

 

 

肌に良いクレンジングの条件

 

毛穴の開きを改善していくために、肌荒れを起こしてしまう恐れのあるクレンジング剤の使用は避けなければいけません。
肌にやさしい成分が配合されているクレンジング剤を選び、無理のないスキンケアで毛穴の開きを抑えながら美肌を目指していきたいですね。

 

理想のクレンジング剤の条件は、「肌に負担を掛けない」「毛穴の奥に入り込んだ汚れまできちんと落とせる」「クレンジング後の肌を乾燥させない」などです。

 

毛穴汚れまできちんと落とせる肌にやさしいクレンジング剤として注目を集めているのが、炭酸をはじめとする各種美容成分で汚れをスッキリ落とせる「肌ナチュール」です。

 

肌ナチュールは、自然な素肌のすこやかさ・科学の力×自然の恵み・無理のない自然なケア、の3つのポイントにこだわって作られています。
肌への刺激が強い洗浄成分を使用して汚れを落とすのではなく、炭酸の特性によって肌の汚れを浮き上がらせ、きめ細かい弾力泡とタンパク質による吸着でクリアな素肌へ導きます。

 

また、肌ナチュールに配合されている美容成分は、国産の植物などから抽出された53種類の自然派美容成分です。
日本人の肌を考えて選ばれた自然派成分なので、これまでにクレンジング剤で肌荒れを起こした経験がある人でも安心して使用できるのではないでしょうか。

Duoザクレンジングバーム↓特別価格!